格闘技雑感

May 30, 2005

恥ずかしながら、中学生の時に先生に喧嘩を売ってしまいました。

今日は、少林寺拳法のすごさを生まれて初めて体験した話です。
当時、私は中学三年生。
ブルース・リーと大山倍達に憧れる、普通の中学生でした。

普通、といっても相当な格闘オタク。
友人と極真空手の真似事などをして、毎日練習していました。
当時は、極真をやりたくても近くに道場はなく、本やビデオを見ながら、見よう見まねで友人たちと毎日練習していました。
それでも自分では、結構強くなった気がしていたんです。
今から思えば赤面モンです(恥)。

そんな普通の中学三年生(笑)。
修学旅行で、東京に行くことになったのです。(完全なおのぼりさんです^^;)
宿泊した日の夜のこと。

たまたま、テレビでジャッキーチェンの映画がやっていて、格闘好きの連中が集まって、テレビを見て盛り上がっていたのです(色気まったくなし^^;)

そこにやって来たのが、K先生。
K先生は、少林寺拳法三段の腕前でした。
しかし、当時極真空手に洗脳されていた私は、「少林寺なんて、弱っちい」という、恐るべき世間知らずな(笑)先入観を持っていました。
K先生は、見た目痩せ型で、弱々しい感じだったので、なおさらです(笑)

K先生が、「へージャッキー・チェンかー」
といいつつ、私たちの部屋に入ってきました。
そこですかさず、

私   「先生って、少林寺やってるんやろ?」
K先生 「うん、そうや」
私   「俺と、ここで勝負せーへん?」
K先生 「お前、なにかやってるんか?」
私   「ちょっと空手の真似事を・・・」
K先生 「へー、そうかー。でもまあ、やめとこう」
私   「やろうよ!俺、自信あるし!」

ということで、嫌がる先生を無理やり立たせて、戦いの場(笑)に、引きずり込んだのでした。

ルールは、3分間。金的以外は何をやっても良しという過激なルール(笑)。
修学旅行の一室が、先生と生徒が相対するリングとなったのです。

そして戦いが始まりました。

そこで私が遭遇した、少林寺拳法のすごさとは?



あまりの出来事に、何が起こったのかすらわかりませんでした。



「えっ????今、何が起こったの・・・・????」


「す、すごい・・・・・」


長くなったので、次回に続くです(笑)。






mmmmy60137 at 01:26|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

May 14, 2005

はじめの一歩に学ぶ成功法則

今日は、漫画からでも学べるよ♪というお話です。
私は、毎週欠かさずに見ている漫画があります。
「はじめの一歩」というボクシング漫画です。 はじめの一歩を知らない人は、まずはこっちを見てくださいね。

http://www.vap.co.jp/ippo/

この漫画の中で、鷹村守という、とんでもなく強いキャラクターが登場します。その鷹村が、世界タイトルに挑戦する時、試合前の控え室。緊張感が漂う中で、鴨川ジムの会長が、鷹村に言った名言があります。 私は、この言葉に衝撃を受けました。それが、これです。


努力しても成功するとは限らない しかし 成功したものは皆すべからく努力しておる


衝撃を受けませんか?
私は、目からウロコがぼろぼろ剥がれ落ち、目まで落としそうになりました(笑)。

 確かに、努力が成功に結びつくとは限らないですよね。 「これだけ頑張ってるのに、全然ダメだった」 と、落胆することもあります。これは事実です。 しかし、 成功したものは、みな努力しています。努力なしに、成功はありえないのです。

努力は、人に見えにくいものです。成功者を見ていると、努力なしに、天才的に成功した、というイメージをどうしても持ってしまいますよね。 だから、成功者を見て、 「あの人は天才だから成功した。能力があったから成功した。自分には、才気も能力もないから、ダメなんだ」 という言い訳が、ついつい出ちゃうんですよね。

でも、間違いなく!100%! 成功している人は、努力しています。しかも、みんなの知らないところでね。

この人も、すさまじい努力をしています。自分では<ナマケモノ>と言いながらね(笑)。だからこそ、圧倒的な成功を実現できたんでしょう。年収1億円は、天才的な戦略と、実行力、そして努力によって実現できたんでしょうね。

 ▽
1億稼ぐ! メールマガジン私の方法 銀行口座380円が2億円になった理由



mmmmy60137 at 23:47|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

May 02, 2005

K-1グランプリ ラスベガス大会

ふー、K-1グランプリラスベガス大会を、今見終わったところです。
今回は、見ごたえありましたね。前回のアジア大会とは雲泥の差です(笑)。
 
極真のグラウベ・フェイトーザが優勝したことは、なにより嬉しかったりします。
それにしても、グラウベの上段蹴り、今回は良かったですね。
ノーモーションで繰り出すので、相手にとって予測できない攻撃だと思います。
 
蹴り足以外は、動きがなくて、突然に蹴りが飛んでくる感じでした。
 
特に、上段回し蹴りは、膝を上げるまでの軌道は、前蹴りと同じなので、余計によけにくいですね。
 
極真の回し蹴りは、こんな感じじゃなくて、蹴りの起動のときから膝を開くんですが、グラウベの場合、全然違いますね。
 
実は、この蹴りの軌道って、少林寺拳法と同じなんです。
 
少林寺の場合も、膝をあげるまでの軌道は、前蹴りも回し蹴りも同じです。
 
相手に読まれにくい分、蹴り自体の重さは、若干軽くなるんですが・・・・
 
相手の不意をつく攻撃は、子どもでも、女性でも、大の大人を倒すことが可能です。
 
「我の実をもって、相手の虚を突く」
 
これが出来れば、攻撃が効果的になります。
 
・・・って、相当難しいとは思いますが(笑)。
 
まあ、難しいことはさておき、グラウベが優勝して嬉しかったです。


mmmmy60137 at 00:03|この記事のURLComments(0)TrackBack(1)

March 14, 2005

数の重要性について

今日は、数の重要性についてお話したいと思います。
 
空手道場に入門すると、まず最初に教えられるのが「基本」です。
突き・蹴り・受けや、立ち方、運足法なども教えられます。
 
さて、初心者は、突き・蹴りなどを覚えるのに、どうするでしょうか?
 
答えは簡単です。
数をこなすのです。
 
とにかく、教えてもらった型の通りに、何回、何百回と、繰り返し、数をこなします。
そうするうちに、技を出すタイミング、力の緩急を含め、その動作を体で覚えます。初心者でも、黒帯の有段者でも、技の形は基本的には同じです。
 
しかし、初心者と有段者とでは、技のパワー、スピードなどで、圧倒的な差があります。
 
その違いは何かというと、こなした「数」の量なんです。
もちろん、それだけではなく、様々な創意工夫やセンスなども加味されますが、「数」をこなさないで、強くなった人を、私は見たことがありません。
 
空手や格闘技の世界では、当たり前のことなんですね。
 
ところが、いざ実生活の場に目を移すと、どうでしょう?
 
1回やって駄目だった事を、すぐにあきらめていませんか?
たった一度の失敗で、成功をあきらめていませんか?
 
成功する人は、単純です。
 
成功するまで、継続して頑張った。
 
これだけなんです。
 
成功に到るまでのプロセスは、様々な仮説と検証を繰り返し、実践の数をこなしています。
工夫し、数をこなすことで、必然的に成功に近づいているんですね。
 
成功しない人は、1回の失敗であきらめます。
成功しない人は、数をこなすという事を嫌います。なぜなら、数をこなすということは、忍耐力が必要だから。
 
俗にいう、ノウハウコレクターは、自分が汗をかかないで、簡単に一発逆転を狙う人のことを言います。
 
そうではなく、とにかく数をこなすこと。
実践の数を多くすること。
実践で得た失敗から学ぶこと。
 
空手の世界では、基本の数をこなし、組手で実際にやられながら、強くなっていきます。
当たり前の事です。
 
簡単なように見えて、一番難しいことかもしれませんね。
 
でも、最も重要なことだと思います。
 
継続は力なり。
 
この言葉を、もう一度かみ締めようじゃありませんか。
 


mmmmy60137 at 00:32|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

March 02, 2005

テーマを変えました。

ブログのテーマを、「武道家の教えとビジネス道」から、「5分で分かる!人生に役立つ武道の教え」に変えました。

武道の教えは、ビジネスだけじゃなくて、人生そのものに役立つと思ったからです。

実際に、私も今までの人生で、武道の教えに様々な場面で支えられてきました。

人生の岐路に立ったとき。
決断を迫られたとき。
どうしようもない不安に襲われたとき。

など、人生における様々な困難に、武道の教えは必ず役に立ちます。

困難な場面だけではなく、日常生活のささいな事柄にも、武道の教えは役にたちます。

なんというか、自分の背中に、1本、筋が通るようになるんです。

ということで、新たな気持ちで再スタート!


mmmmy60137 at 18:48|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

February 24, 2005

K-1Max見た?

K-1を見た後は、必ず腕立て伏せをしてしまいます(笑)。
 
今日は、武道家の教えはちょっとお休み。
というか、あんまり固い内容ばかりだとね、書いてて重たくなってくるんで。
たまには、こうして気軽に書いていこうと思います。
 
それにしても、小比類巻です。
今日のK−1max、結構見ごたえありましたね。
決勝戦の前蹴りは見事でした。
 
最近の格闘技は、回し蹴り全盛で、前蹴りはあまり使われませんよね。
回し蹴りの方が蹴りやすいし、怪我をする危険性も低いからかな?
 
前蹴りを出すのって、意外と勇気がいるんですよ。
中足(ちゅうそく)を返して蹴るんですが、ブロックされると、すぐに足の指先を怪我したりしますから。
 
でも、今日の試合の小比類巻選手の前蹴りは、対戦相手にとって、見えなかったでしょうね。
 
蹴りの初動で、前かがみになったまま、前蹴りが出てきましたから。
相手から見ると、小比類巻選手の懐から、いきなり目の前に足が出現したようなもんです。
 
ムエタイの選手は、前蹴りをうまく使います。主に、間合いをキープするために使ったりしてるようですが、回し蹴りに目がなれた選手にとって、逆に見えづらい、必殺の蹴りになるような気がしますよ。
 
一見、ハデに見える蹴りよりも、地味な前蹴りの方が、スピードもあるんで、有効かな、と改めて思いました。
 
・・・それにしても、武田幸三・・・・・
 
またしても怪我に泣いてしまった・・・・・・残念!
 
トーナメントなんだから、怪我をしないように、もっと上手に戦えよっ!って思いますが、一戦一戦、魂を込めて戦うその愚直なまでの姿勢が、武田選手の男気であり、一番の魅力なんだろーな。
 
次、頑張れ!
 
ところで、グローブ欲しいと思ってたら、いいサイトを見つけました。
サンドバッグを叩くのに、良いグローブですよ。
 
 
グローブをはめると、「その気」になりますよね。
ついつい、シャドーに力が入ったりします。
 
 
 


mmmmy60137 at 00:08|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)