July 12, 2005

大山倍達の教え【口下手は聞き上手になれば良い】

私、実は口下手なんです。
必要な時以外は、あんまりしゃべらないんですね。
(って、その必要な時が、やたら多かったりして^^;)

口下手っていうのは、よくしゃべる人から見れば可笑しいと思うんですが、すごいコンプレックスを感じるときがあります。
「自分と話ししても、あんまり楽しくないんじゃないかな」
と、必要以上に思ってしまったり・・・。

  続きを読む前に、こっちを押してくれると嬉しいです^^↓
  人気blogランキング



で、そんな時には大山倍達総裁の、こんな言葉が効きます。

口下手は聞き上手になれば良い。不器用な努力家になることだよ

口下手なのに、無理してしゃべろうとするから、余計なプレッシャーがかかってしまうんですね。
元来、口下手な人はしゃべるのが苦手です。その苦手な事を無理してやろうとするから、ギクシャクしたしゃべり方になってしまう場合があります。

そうではなく、口下手の人は聞き上手になればいいんだよ、という教えです。
人間っていうのは、「聞く」ことよりも「話す」ことに快感を覚えるそうです。

ということは、私のように口下手な人間は、聞く方に徹して相手を気持ちよくさせてあげるのが良さそうですね。
そのためには、相手がもっと気持ちよくなるような聞き方を練習すること。

端的に言えば、「あいづち」が上手になることが、聞き上手になるための秘訣だと思います。
「へ〜、そうなんだ!で、それからどうなったの?」とか、
「すごいね。そんな事、どうして出来たの?」
とか(笑)。

できる営業マンって、聞き上手って聞いたことあります。
どんな世界でもそうなんですが、「相手を気持ちよくさせよう」(エッチな意味じゃないですよ)という意識が大切なんだと思います。

いわゆる、サービス精神ってやつですね。
これって、人間関係の潤滑油だと思います。
というわけで、口下手でも気にしない、気にしない。
口下手には、人を気持ちよくさせる、とてつもないパワーを秘めてるんですよ。

今日の記事、あなたの役に立ちましたか?もしお役に立ったなら、こちらを押してくださいね。押してくれると嬉しいので、もっともっと、あなたに役立つ記事を書きますよ!↓
人気blogランキング


mmmmy60137 at 10:22│Comments(2)TrackBack(0)大山倍達 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by    August 04, 2005 16:49
初めてコメントいたします。
武道(空手)でいろいろ探していて、貴ブログを見つけました。おっしゃるとおり、人生やビジネスにも役立ちますよね。

で「口下手」なのですが、私はどちらかというと「しゃべり」の部類で、むしろ、聞くことにいつも注意しています。
でも、「しゃべり」人の中で自分が思っているほど「口がうまい(いい意味で)」人って少ないように思います。対して「口下手」と思っている人の中で本当に「口下手」な人は少ないように思います。自分では口下手、というくらいのほうが、相手にとっては心地よい、という証拠のような気がします。また拝読させていただきます。では。
2. Posted by モリモト   August 09, 2005 10:54
融さん、コメントありがとうございます。
私は「口下手」なので、いつもしゃべりが上手い人を羨ましく思ってます(笑)。
要は、相手に心地よく感じてもらうのが大事なんだと思いますねー。
聞き上手になれるといいんですが・・・。
今後ともよろしくお願いします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔