June 16, 2005

ブルース・リーは本当に強かったのか?

私にとって、格闘技界の神様は2人います。
一人は、極真空手創始者の大山倍達。
もう一人は、ブルース・リーです。

ブルース・リーには心底あこがれましたね^^
ブルース・リーは、元々中国拳法の詠春拳(えいしゅんけん)を学び、そこから世界の様々な格闘技のエッセンスを取り入れ、彼独自の截拳道(ジークンドー)を編み出しました。
突き、蹴り、投げ、関節技など、なんでもありのその格闘技は、今の総合格闘技の原型をなしているのかもしれませんね。
総合格闘技で使用されている、オープンフィンガーグローブを世界で初めて考案したのが、ブルース・リーだとかいう説もあります。

映画で見るブルース・リーの目にも止まらない動き、構えの格好良さ、ヌンチャクなどの武器を格好良く扱う様は、なんと言っていいのか・・・・・

続きを読む前に、こっちを押してくれると嬉しいです^^↓
人気blogランキング




「カックイイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」

の一言でしか、言い表せません^^;

ブルース・リーの映画があった翌日の学校は、大変なものでした。
学校のあちらこちらで「アチョー」という声がこだましてるんです(笑)
そのように、少年モリモトには、神様のような存在のブルース・リー。

さて、そのブルース・リーについて今でも議論されていることがあります。
それは、「ブルース・リーは本当に強かったのか?」という議論です。
否定派の人たちは、「あれは映画の中だけの動きで、実際は弱かった」という意見が多いです。

でも私は、ブルース・リーは「強かった」と思います。
ただし、軽量級というジャンルの中では、です。

ブルースは、映画の中でこそ派手な跳び蹴りや回し蹴り、横蹴りなどを多用していましたが、あれは映画の見栄えを良くするためです。
実際は、動きの大きな、派手な技を否定していました。
実践で一番使えるのは、最短距離・最速で当てる技だと。

その動きの速さは、もう言うことありませんよね。
截拳道の本やビデオなんかを見ると、截拳道という武道、確かに合理的で、実践的です。
私は、実際に目の前で見たことがないので、截拳道そのものの強さに関してはコメントを控えますが、合理的な武道であることは断言できます。
現在も秘密のベールに包まれている截拳道(ジークンドー)。
興味がありますねー。

・・・と、そういえば思い出しました。ちょっと前に、K-1のリングにブルース・リーが大好きだという格闘家(名前は忘れました)が、死亡遊戯さながらのコスチュームで、截拳道として戦って、見事に負けていました^^;。

・・・あれが本当に截拳道だったのかは分かりませんが、どなたか知っている人がいれば、教えて欲しいものです。


今日の記事、あなたの役に立ちましたか?もしお役に立ったなら、こちらを押してくださいね。押してくれると嬉しいので、もっともっと、あなたに役立つ記事を書きますよ!↓
人気blogランキング


以下に、ブルース・リー関連の本を紹介しますので、興味があればどうぞ。

秘伝!!ジークンドー護身術―ブルース・リーが生みだした格闘術
御舘 透
4278046545


ブルース・リーが語るストライキング・ソーツ
ジョン リトル John Little
4892247898


ブルース・リー伝説
SCREEN
4764819678


最強!ブルース・リー―闘神の達した武の極意
フルコム
4947770236


世紀のブルース・リー
中村 頼永
4583035934


截拳道(ジークンドー)への道
ブルースリー 奥田 祐士
4873762006


詠春拳入門―ブルース・リーが学んだ戦慄の実戦拳法
川村 祐三
4894223007


ブルース・リー ジークンドー 公式マニュアル
中村 頼永
4893741519


ブルース・リー格闘術〈Vol.1〉護身術編
ブルース リー M. ウエハラ Bruce Lee M. Uyehara
4894510294


ブルース・リー格闘術〈Vol.2〉基本トレーニング編
ブルース リー M. ウエハラ Bruce Lee M. Uyehara
4894510324


ブルース・リー格闘術〈vol.3〉実戦編
ブルース リー M. ウエハラ Bruce Lee M. Uehara
4894510359


ブルース・リー格闘術〈vol.4〉上級テクニック編
ブルース リー M. ウエハラ Bruce Lee M. Uyehara
4894510375


mmmmy60137 at 13:07│Comments(0)TrackBack(0)格闘技雑感 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔