May 30, 2005

恥ずかしながら、中学生の時に先生に喧嘩を売ってしまいました。

今日は、少林寺拳法のすごさを生まれて初めて体験した話です。
当時、私は中学三年生。
ブルース・リーと大山倍達に憧れる、普通の中学生でした。

普通、といっても相当な格闘オタク。
友人と極真空手の真似事などをして、毎日練習していました。
当時は、極真をやりたくても近くに道場はなく、本やビデオを見ながら、見よう見まねで友人たちと毎日練習していました。
それでも自分では、結構強くなった気がしていたんです。
今から思えば赤面モンです(恥)。

そんな普通の中学三年生(笑)。
修学旅行で、東京に行くことになったのです。(完全なおのぼりさんです^^;)
宿泊した日の夜のこと。

たまたま、テレビでジャッキーチェンの映画がやっていて、格闘好きの連中が集まって、テレビを見て盛り上がっていたのです(色気まったくなし^^;)

そこにやって来たのが、K先生。
K先生は、少林寺拳法三段の腕前でした。
しかし、当時極真空手に洗脳されていた私は、「少林寺なんて、弱っちい」という、恐るべき世間知らずな(笑)先入観を持っていました。
K先生は、見た目痩せ型で、弱々しい感じだったので、なおさらです(笑)

K先生が、「へージャッキー・チェンかー」
といいつつ、私たちの部屋に入ってきました。
そこですかさず、

私   「先生って、少林寺やってるんやろ?」
K先生 「うん、そうや」
私   「俺と、ここで勝負せーへん?」
K先生 「お前、なにかやってるんか?」
私   「ちょっと空手の真似事を・・・」
K先生 「へー、そうかー。でもまあ、やめとこう」
私   「やろうよ!俺、自信あるし!」

ということで、嫌がる先生を無理やり立たせて、戦いの場(笑)に、引きずり込んだのでした。

ルールは、3分間。金的以外は何をやっても良しという過激なルール(笑)。
修学旅行の一室が、先生と生徒が相対するリングとなったのです。

そして戦いが始まりました。

そこで私が遭遇した、少林寺拳法のすごさとは?



あまりの出来事に、何が起こったのかすらわかりませんでした。



「えっ????今、何が起こったの・・・・????」


「す、すごい・・・・・」


長くなったので、次回に続くです(笑)。






mmmmy60137 at 01:26│Comments(0)TrackBack(0)格闘技雑感 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔