April 29, 2005

合気道の教え 【塩田剛三の言葉】

今まで空手の教えを中心に紹介してきましたが、今回からは、もっと他の武道の教えも紹介していきます。
 
んで、合気道です。
 
合気道は、開祖植芝盛平翁が、古くから伝わる起倒流柔術、柳生流柔術、神陰流剣術、大東流柔術などを修行体得し、更に日本古来の神道的教養を通じ、精神性、求道性を加えた、現代武道です。
 
私にとって、合気道ほど不思議な武道は、ありません。
練習を見学したことあるんですが、一見したところ、稽古はハードなわけではなく、和気あいあいとした雰囲気の中で行われています。
 
空手の練習なんかは、「ビシッ」「バシッ」「ウゲッ(笑)」などどいう激しい練習がほとんどですが、合気道はそんな風な練習は、してないんですね。
 
ところがですよ。
超人的に強い人物を輩出するんです。合気道は。
 
合気道の達人について書いている、おもしろいサイトを見つけたので紹介しておきますね。
 
 
その代表といえば、やはり塩田剛三でしょう。
 
では、塩田剛三の言葉です。
 

基本はあくまでも原則であって、その人の体質に合った体勢と言うのが一番強い。
それは誰に教わるものでもなく、自分でみつけにゃいかん。
足が開こうが狭くなろうが問題じゃないんだ。本当を言えばね。
しかし、人間は楽な方に行くから、放っておくと只の我流になってしまう。
だから、常に基本に立ち返ると云うこと、これが大切。

 
武道に限らず、基本というのは一番大切です。
 
会社においても、新入社員の時は、仕事のやりかたの基本から学びますよね。
ビジネスをするにおいても、基本というのがあります。
 
最近は、色んなビジネス書などがでて、色んなノウハウが書かれています。
 
最初のうちは、それらの基本を忠実に守ることが大切です。
でも、基本に縛られるのは、ある面悪影響を及ぼすこともあることを知らなければなりません。
 
基本さえ守っておけばいいんだ。
 
では、自分で創意工夫をすることを怠ってしまう場合ばあるんですね。
基本を大切にしながら、そこに自分で創意工夫して、自分に一番あった方法を考える。
 
これが大切なことだと思います。
 
基本をおろそかにする、という意味ではないですよ。
基本をしっかり学ばないと、間違った方向にいってしまいますからね。
 
基本をしっかり踏まえながら、自分なりにアレンジする。
 
これが、大切なことだと思います。
 
 
 
 
それにしても、合気道は不思議な武道です。
開祖、植芝盛平。塩田剛三。
こんな達人は、古代から伝わる日本の「気」の力、神秘的な、不思議な力を感じます。
 
 
きっと、驚きます。
老いてなお、こんなに強い人がいるなんて。
「強い」という概念を覆されると思いますよ。「力」じゃないんですね。
 
 
塩田剛三 神技伝授
塩田剛三

by G-Tools



mmmmy60137 at 14:21│Comments(0)TrackBack(1)合気道の教え 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 本当の達人  [ お気楽♪男女6人稽古日誌★ ]   May 04, 2005 14:03
正真正銘の達人 こんにちは、みやーです。 身長154センチ、体重45キロ、 小兵でありながら、その技は神技であると、 いわれた合気道家がいる。...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔