April 18, 2005

大山倍達座右の銘 「武の道においては・・・

こんばんは!
何事も三日坊主で終わってしまうモリモトです^^;
 
私が一番「すごいな〜」と思う人は、どんな小さなことでもコツコツと(って、どこかで聞いたような・・^^;)、継続して続けている人です。
 
過去の栄光にすがらずに、淡々と自分の仕事や趣味をやりつづけている人には、年月を重ねてきた凄みを感じます。
 
何事も継続することが大切です。
 
そこで、極真空手創始者の大山倍達総裁の、座右の銘から・・・
 
 




武の道においては千日を初心とし万日の稽古をもって極とす



千日といえば、約3年。万日といえば、約30年。

大山総裁は、3年で「初心」だと言い切っています。
例えば、白帯で入門して、毎回の稽古を一生懸命頑張って、頑張って続ければ、3年で黒帯を取ることは可能です。

でも、それでも「初心」だと言ってるのです。
極めようと思えば、30年の修行が必要だと。

最近の世の中の風潮は、結果をすぐに求めたり、ちょっとやってダメだったら、すぐに諦めたりします。

でも、この大山総裁の座右の銘には、そんな風潮に鉄槌を下ろすかのごとく、自分に対する強烈な厳しさが見て取れます。

「武道を志す以上は、それぐらいの覚悟がないとダメだよ。」
「慢心してはいけないよ」

という、大山総裁からのメッセージにも聞こえます。

「成功する人は、成功するまであきらめなかった人である」
という言葉を聞いたことがありますが、何事も諦めずに継続することが大切だということですね。

武道に限らず、人生のすべてにおいて言えることだと思います。

最後まで続けた人が、最終的な勝者となるのです。



mmmmy60137 at 23:23│Comments(0)TrackBack(0)大山倍達 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔