March 23, 2005

一番大切なことは、楽しみながら継続すること。

スポーツの世界でも武道の世界でも、一番すごいな、と思う人は、「継続している」人です。
 
よく、「昔はすごかった」とか、「あの時は、大会で優勝した」という感じで、過去にやっていた事を得意げに話す人がいますが、そういう人に限って、「もう今はなにもやってないんだけどね」というセリフが、セットになってたりします。
 
かくいう私も、その一人なんですが(汗)
 
だから、偉いな、と思うわけです。コツコツと継続している人は。
 
でも、あまりしんどい目をしてばっかりだと継続できないですよね。
 
そこで、このブログ初登場の芦原英幸の言葉です。
 

力を強くし、より高度なテクニックをマスターする上で最も重要なことは、日々の鍛練を継続し繰り返すことである。
 「楽しくなければ上達しないし、続かない」

芦原英幸著『いのちの言葉』より抜粋
 
 
芦原英幸は、単発攻撃と、正面からの打ち合いが主流だった空手の世界に、「サバキ」という概念を取り入れ、「相手に打たれずに倒す」ための空手、芦原空手を創始しました。
 
芦原空手が、空手界にもたらしたものは計り知れなく、ステップの重要性、コンビネーション、間の取り方等々、様々な面で現代の空手に影響を与えています。
 
空手の世界では、非常に先進的な空手だといえるでしょう。
 
その先進的な空手の創始者が、一番重要なこととしてあげているのが、「継続すること」であり、「楽しむこと」というのは、ちょっと意外な気もしましたが、本当に重要なことは、こんなシンプルな考えに凝縮されるんでしょうね。
 
楽しくなくては、続かない。
 
じゃあ、いかに楽しくするか。いかに楽しむか。
 
日々の生活や仕事の中でも言えることですよね。
 
(以上、敬称略)
 
 
 
 
 
 
 


mmmmy60137 at 02:58│Comments(0)TrackBack(0)芦原英幸 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔